Article

        

今日は傍らに女を置いてエロ小説を書こう!書いてる暇ないか?

2009/ 12/ 04
                 
以前、永井荷風・作といわれる「四畳半襖の下張り」を読んだ時、
全編が情交描写だったせいか、
読み終わったあと、ドッと疲れをおぼえたことがあります。

しかし、その一方で、自分が主人公になりきり、
性豪気分をたっぷり味わいました。

いや~、エロ小説って、すごいですね。

私もいつかは
読み終わった時、読者が甘美な疲労感と陶酔感をおぼえるような
そんなエロ小説を書いてみたいと思います。

てなことで。

エロ小説家の話です。

私のほうも新作が出ました。
とりあえず、立ち読みだけでもしてみてください。

エロ小説家01 エロ小説家02
エロ小説家03 エロ小説家04
上映1 上映2 上映3

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント

        

        


永久保存版「セックスがある日常」傑作選
好き者夫婦の卑猥な日常 年の差夫婦のワイセツな日常 官能小説独楽 マジ口説き「人妻」編 中年夫婦のワケあり寝室
バイト少年をおいしくいただくパート主婦 中年夫婦のワケあり寝室2 中年不倫カップルの牡と牝の激しい交尾 エロ画家と人妻モデルのナマナマしい日常 夫婦マンコ
40歳妻の浮気な昼下がり 不倫狂妻の危険な昼下がり 27歳妻の初めての浮気 息子の同級生をおいしくいただく不謹慎な人妻 愛人という気持ちのいいお仕事
発禁小説の危うい世界 誘う兄嫁 盗撮:嫁の様子がおかしい